世界は広い!

主に役に立った(個人的)情報から日常の記録に。

次世代のIoT、AIと並ぶRPMとは

RPA=Robot Process Automations とは。

IoTやAIは最近よく聞くようになりましたが「RPM」というワードは普段生活しているうえで聞くことはめったにありません。(個人的に

 

そこでIoTやAIブームと共に進行しているRPAについて以下の記事を参考にまとめてみました。

boxil.jp

 

 

RPAとは 

「AI≒RPA」

ホワイトカラーの単純な業務を自動化する技術のことです。

 

よくAIが発達することで今ある職業の大半がなくなり、雇用がなくなると言われていますがどちらかというとRPAがその多くを占めると考えています。

雇用がなくなると言われますが、言い換えればそれだけ新しい仕事が生まれるということ。

 

 

RPAの種類

RPA

決められた方法にしたがって、自動的に処理すること

これにより、人為的なミスを防げるが、決められたこと以外はできないので単純作業の効率化を図ることに適する。

RPAの根本的で原始的な形

 

 

EPA

EPA=Enhanced Process Automation

・PRAの進化系のようなもの

・RPAよりも大量のデータを解析が可能

いわゆるビックデータを扱うことが該当する。

 

 

CA

CA=Cognitive Automation

EPAの進化系のようなもの

・自立した結果を出力することが可能

ビックデータから新しい提案や選択肢を与えてくれる。

 

 

RPAとAIの違い

・RPA=RPA

・AI=EPA,CA

となる。

 

 

RPAのメリットとその今後

・人件費のコストダウン
・業務処理のスピードアップ
・アウトプットの正確さ

 

今までは中国が世界の工場と呼ばれて多くのMADE IN CHINAが生まれました。

これは、人件費が安いという要因が大きなものだと思います。

 

つまり、仮想世界が”世界のオフィス”と呼ばれ、RPAという仮想知的労働者が多くの雇用を得ると思います。